AGAはきっと治る!最先端のAGA治療を徹底公開

AGAの治療方法には沢山の方法があり、日々進化している

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

薄毛治療の歴史は古代にまで遡り、これまでに多くの薄毛治療が開発されては、進化を遂げてきました。

現在世界中で行われているAGA治療の方法には、塗布型の育毛剤、飲み薬タイプの育毛薬、育毛成分を頭皮に直接注入する方法、自分の髪の毛を気になる部分に植毛する自毛植毛などがあり、多くのAGA治療方法が開発されてきました。

これらのAGA治療は、現在でも多くの薄毛の悩みを解決していますが、さらに効率的、効果的に薄毛の悩みが解決出来るように、日々改良と開発がなされています。

AGAと一言で言っても、タイプによって治療方法が異なるので、クリニックで適切なカウンセリングを受ける必要がある、という事を忘れてはなりません。

ここでは現在の最先端AGA治療の方法を、ご紹介していきます。

最先端AGA治療を、施術内容ごとに徹底公開!

422e8ecbf448c9e0262955330d018ab1_s

現在薄毛治療の最前線で行われている、数々の治療方法を徹底公開していきます。

AGA外用薬タイプの有効成分は、アルファトラジオール

外用薬タイプの薄毛治療は、古くから行われている治療方法の一種で、現在主流な有効成分はアルファトラジオールやミノキシジル、KGF、IGFなどが有名です。

アルファトラジオールが配合されている外用薬を頭皮に塗る事で、過度な男性ホルモンの産生を抑制し、AGAや加齢による抜け毛、薄毛に良い効果をもたらします。

ミノキシジルという有効成分が配合されている外用薬なら、頭皮に塗布する事で血行が良くなり、栄養分が毛乳頭へ行きわたり、発毛が促される効果が期待出来ます

この他、成長因子の一種であるKGFやIGFという、有効成分が配合されている外用薬があり、毛母細胞を活性化させて細胞分裂を促進させながら、毛髪を蘇らす効果が期待出来ます

成長因子には他にもたくさんの種類がありますが、外用薬の種類によって配合される成分、配合量が異なってきます。

外用薬の効果をより高める為に、ノンシリコンシャンプー等と併用する事もあります。

豊富な種類が魅力的な、AGA治療の内服薬

AGA治療の内服薬には、沢山の種類があります。

特に注目されている成分がミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドです。

ミノキシジルは外用薬にも利用されている成分ですが、服用する事でより吸収性が高くなり、頭皮の血行を促し、抜け毛防止や発毛に良い効果をもたらします

フィナステリドという成分は、男性ホルモンを効果的に抑制し、抜け毛を予防しながら、薄毛の進行を遅らせるという効果があります。

フィナステリドと比較されやすい、デュタステリドという有効成分にも、男性ホルモンを抑制し薄毛の進行を遅らせる効果があり、フィナステリドとの最大の違いは、高い発毛効果が期待出来るという点です。

デュタスロイドが主成分となっている新薬は、国内で2015年に認可されたばかりで、費用が高めとなっています。

有効成分を直接頭皮に注入する、HARG療法

HARG療法とは再生医療のうちの1つで、最先端のAGA治療です。

ヒトの細胞から抽出された成長因子を、専用の医療機器で頭皮に注入し、毛母細胞を活性化させて、毛髪を蘇らせる方法です。

頭皮に注入する薬品はクリニックで異なり、医療機器も注射針を用いた方法や、ノンニードル方法など、様々な手法が開発されています。

自毛植毛は、メスを利用するかしないかの2択

現在の自毛植毛には、メスを利用するFUT方法と、メスを使わないFUE方法の2種類があります。

メスを使わない自毛植毛は、極細のチューブパンチなどを利用して、毛髪を毛根ごとくり抜いて、気になる部分に移植していく方法です。

メスを利用した手術方法よりも、痛みや副作用が少なく術後の回復が早い為、注目を集めていますが、下手な医師が執刀すると毛髪を採取する際に、毛根を切断して無駄にしてしまう事があり、不自然な仕上がりになる事もあるので、少ない面積での植毛に推奨されます。

一方、メスを利用するFUT方法は、毛髪の定着率が95%と高く、広範囲の植毛や手術の手術費用を抑えたいという人に、根強い人気があります。

こちらのコラムも人気です!