違いは何?AGA治療の飲み薬と塗り薬は、どちらが良いのか

飲み薬のメリットとは

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

AGA治療薬のうち、飲み薬のメリットは、AGAの原因に直接アプローチしやすいところにあるでしょう。

AGAの原因は多くの場合で、悪い男性ホルモンが活発に活動してしまう事です。

という事はつまり、男性ホルモンの働きを抑制する効果が高ければ高いほどに、AGAの治療も効果的に出来るという事になります。

では飲み薬と塗り薬、どちらの方がその効果が高いでしょう?

それはほとんどの場合で、飲み薬だと言えます

だからAGAのクリニックでも、そうした効き目を考慮して、飲み薬が使われている事が多いと言えます。

身体の中を改善するには、中から効かせる方が良い

男性ホルモンというのは、あくまでも身体の中の話です。だったらそれは、身体の中からアプローチしていった方が、当然そこにたどり着きやすいと言えます。

だから飲み薬の方が、効果的だと言えるのです。

もちろん塗り薬のタイプでも、男性ホルモンを抑制する効果のある成分が入っていれば、男性ホルモンが抑制出来ないわけではありません。

でもやはり、男性ホルモンを抑制する育毛剤としてみるなら、効果が高いのは飲み薬になるでしょう。

メリットは価格にもある

飲み薬のメリットは、価格にもあります。

実は、AGA治療薬の飲み薬と塗り薬では、飲み薬の方が費用が安い事が多いのです。

なんとなくイメージ的には、塗り薬の方が費用が安そうなイメージがある方も多いでしょう。でもそれは市販されている育毛剤による、間違ったイメージと言えるでしょう。

こうした、本格的な薄毛治療用の薬になってくると、意外と飲み薬の方が安いのです。飲み薬の方が目的も単純ですから、その分費用も安く作れるという事もあるのでしょう。

いずれにしても、費用で考えるのであれば、飲み薬を使った方が良いと言えます。

薄毛対策には、これからも長い間付き合っていかないとならないわけですから、費用に関する問題というのは、実はすごく重要です。

塗り薬のメリットとは

acc90c4285b4adc831747919a71cf968_s

では逆に、塗り薬のタイプのメリットは、どこにあるでしょうか?

効果が出やすいと言えるのが、飲み薬なのであれば、AGAの治療薬は全て飲み薬のタイプだって、別段問題ない事になります。

それでも実際には、そうはなっていません。という事は、間違いなく塗り薬の方にも、メリットがあるはずです。

塗り薬のメリットは、副作用が出づらい事

塗り薬タイプのメリットは、副作用が出づらいところにあります。

飲み薬というのは、何度も言うように、身体の中を変えていくような薬になります。という事は、当然それに伴う副作用が出る可能性が、あるという事です。

それは当然、AGAの治療薬以外でも言える事です。

飲むタイプの薬、ましてや効果の高いような薬は、それだけ成分が強いという事ですから、副作用が出る可能性があるという事になります。

対して塗り薬の方は、副作用が出づらいのです。

たとえば何か怪我をした時に、塗るような薬を塗って副作用が出た事がある方は、いますでしょうか?

まず、ほとんどいないでしょう。身体の外からのアプローチは、このように身体に比較的優しいです。

もちろん100パーセント、副作用が出ないという事ではありません。場合によっては、塗るタイプの薬でも、副作用が出る事はあります。

でもそれは、せいぜい頭皮があれるとか、一時的に抜け毛が増えたとか、そのくらいの副作用になるでしょう。それは、ほとんど気にしなくても良い類の、副作用と言えます。

手軽に変えやすい

塗り薬のもう一つのメリットは、手軽に買う事が出来るという点にあります。

飲み薬の場合は、クリニックに行かないとまず手に入りませんが、塗り薬の場合は薬局や通販でも、買う事が出来たりします。

だから、買いに行くのに面倒はかかりません。そのメリットは、忙しい日々を送る現代人には、意外と大きいのではないでしょうか?

こちらのコラムも人気です!