AGAクリニックでのハゲ治療、デメリットはあるの?

AGA治療は、デメリットをしっかりと把握しよう

AGAは、様々な治療方法が開発されてきました。

特にクリニックを利用すれば、的確な薄毛治療が受ける事が可能です。

しかし、メリットばかりに注目していてはいけません。理解しておきたいのはデメリットです。

薄毛治療は、大きく分けて2つある

AGA治療は大まかに言うと、二つに分ける事が出来ます。

薬を利用する方法と、施術を行う治療です。

それぞれの治療方法にメリットがあり、またデメリットもあります。

この二つはクリニックで治療を受ける際に、メインとなる方法なので、効果やデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

治療方法その1 治療薬による治療

薬を利用するのは、AGA治療の中でもスタンダードな方法です。

特に有名なのが、フィナステリド、プロペシア、ミノキシジルという成分です。

これらの薬は、使い方を間違えなければ、高い効果を期待する事が出来ます。

費用もそれほど高くはないので、セルフケアとしてもオススメな方法となっています。

・メリット

メリットは、施術を行う必要がないという事です。

大掛かりな治療ではないので、メンタル面でも安心です。頭皮の改善を図るだけではなく、発毛の促進も促してくれます。

・デメリット

プロペシアやミノキシジルは、そもそもAGAの為に開発された薬ではありません。

ですから、きちんと正しい使い方をしなければ、副作用が起こってしまう可能性があります

それは、頭皮に影響が出るというわけではなく、体調の変化が現れるという事です。

ですから、信頼出来るクリニックから購入するようにしましょう。安い海外輸入などで購入すると、品質が悪いものも珍しくありません。

効果が現れるまでには時間がかかる、というのもデメリットの一つとして挙げられます。

半年ほどは、じっくりと取り組む必要があるでしょう。

治療方法その2 育毛剤による治療

思い立ったその日から、取り組む事が出来る、気軽な治療方法です。

頭皮に直接薬をふりかけて利用するので、毛穴にダイレクトに栄養を注ぐ事が出来ます。

・メリット

育毛剤はドラッグストアで購入する事も出来るので、バレないように試す事が出来ます。

AGAクリニックで育毛剤を処方してもらうのであれば、個人の頭皮の状態に合わせたものを、手に入れる事が出来ます。そうすれば、副作用が起こる可能性も、かなり減るでしょう。

・デメリット

デメリットは、かなり個人差があるという事です。治療薬を使う時と同じように、ゆっくりと時間をかけて取り組む事が、大切です。

その為、相性が合わなければ、いつまでたっても治療を続ける事になります。一般向けの育毛剤では、相性の良い育毛剤と出会うのは、なかなか難しいてしょう。

治療方法その3 育毛メソセラピー

これは、頭皮に直接注射を打って、栄養を注ぎ込む方法です。

・メリット

育毛剤の場合は、毛穴の奥まで栄養が行き届いていない可能性がありますし、薬の場合は副作用が心配です。

しかし、頭皮に直接栄養分を注射すれば、しっかり頭皮に栄養を注ぐ事が可能です。

・デメリット

費用が高いというのが、デメリットでしょう。

クリニックによって、値段に開きがあるのですが、50万円から100万円程度が相場となっています。

一回やれば良いというわけではなく、10回程度は必要です。注射ですから、痛みを感じる事もあるかもしれません。

治療方法その4 植毛 

植毛は、人工や自毛で作られた髪の毛を、直接頭皮に植えて行く方法です。

毛根が死んでしまっている場合の、最終手段です。

・メリット

メリットは、短時間で確実に仕上げる事が出来るという事です。

人工の植毛ならば、思い通りの髪型に仕上げる事も出来ます。自毛は、後頭部の髪の毛を持ってきて直接植える為、きちんと成長していくのです。

・デメリット

患者さんの体質によっては、拒絶反応を起こしたり、頭皮に炎症を起こす場合があります。

自毛を使う場合には、拒絶反応は心配ありません。

また、何回もメンテナンスに通わなければなりません。その分の費用も高くかかります。

こちらのコラムも人気です!