外用薬にも内服薬にも使われる、ミノキシジルってなに?

AGAの強い味方「ミノキシジル」って一体なにもの?

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

AGA治療で用いられる一部の内服薬と外用薬には、ミノキシジルという有効成分が利用されている事があります。

ミノキシジルという成分は、血管を拡張させる作用がある為、高血圧の薬として用いられていましたが、育毛作用が確認されてからは薄毛治療の外用薬、内服薬としても利用されるようになりました。

この有効成分は、AGA治療のための医薬成分として、公式に認められている成分の内の1つで、様々な薄毛の悩みにアプローチしてくれる、画期的な成分となっています。

ミノキシジルが含まれた外用薬が、日本で初めて認可を受けたのは1999年の事で、ドラッグストアやクリニックなどで、簡単に入手する事が出来ます。

ミノキシジル含有の外用薬を、気になる部分に塗布し、血管が膨張して血液の流れが良くなる事で、育毛成分が毛乳頭に運ばれやすくなり、細胞分裂が促されるようになります。

その結果、停滞していた毛根を活性化し、毛髪が太く長く成長出来るように、手助けしてくれる医薬品です。

ミノキシジルが含まれた内服薬については、強い発毛効果が期待出来る一方で、強い副作用が確認されている為、日本国内では認可されていません

内服薬を入手するには、個人輸入などの方法があります。

ミノキシジルの気になる効果は?

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

ミノキシジルの気になる発毛効果は、ミノキシジルの含有量や使用方法によって、効果に差が表れてきます

ミノキシジルが1%含まれた外用薬と、5%含まれた外用薬を継続して利用した場合、1%の含有量では平均して0本〜15本/mg程度の、発毛効果が確認出来たのに対し、5%の含有量では平均して0本~25本/mg程度の、発毛効果が確認されています。

どちらにしろ、一定の発毛効果が期待出来る事が分かっていますが、体質によっては皮膚の痒みなどの、副作用が報告されています。

またミノキシジルは、外用薬と内服薬を同時に利用する事で、高い相乗効果が期待出来るという結果もあります。

実際、ミノキシジルの外用薬と内服薬を併用したという口コミでは、4か月目から徐々に気になる部分から、発毛が目立ち始めたという事です。

ミノキシジルの内服薬は、外用薬と比べて副作用が強いので、使用方法には注意が必要です。

ミノキシジルの、気になる副作用とは?

ミノキシジルが含まれる外用薬と内服薬は、どちらを利用する場合でも、副作用には注意が必要です。

ミノキシジルが含まれた外用薬は、内服薬ほど副作用が強くなくても、痒み、皮膚の炎症、フケ、頭皮のほてりなどの皮膚トラブルが、多数報告されています。

また、髪の毛のベタつきなどが気になり、使用を中断してしまう人もいます。

外用薬よりも、さらに副作用に注意したいのが内服薬の方で、強い効果が期待出来る反面、強い副作用も念頭に入れておかなければなりません。

ミノキシジルが含まれる内服薬で懸念される副作用は、動悸、めまい、性欲減退、浮腫など。

さらに、ミノキシジルが高配合されている内服薬の場合、心室肥大や多機能不全、高カリウム血症など、高いリスクが呼びかけられています。

100%起こる副作用ではありませんが、使用方法に注意しなければならないAGA治療薬と言えます。

ミノキシジルの外用薬と内服薬、費用の違いは?

ミノキシジルが含まれる外用薬は、平均して4,000円から8,000円程度かかり、ミノキシジルの含有量が多いほど、値段が高額になっています。

一方、ミノキシジルが含まれる内服薬を個人輸入した場合、1箱に100錠ほど入って3,000円前後で購入出来る事が多いです。

内服薬が比較的安く購入出来る理由としては、日本では未認可であり、使用するには自己責任が伴うからです。

同じ成分が使用されている外用薬と比較しても、内服薬の場合は圧倒的に、副作用に気を付けなければなりません。

また外用薬は、一般的なドラッグストアなどで購入する事が出来て、値段がほぼ均一ですが、内服薬は個人輸入の代行業者によってサービス料が異なる為に、同じ商品でも値段が大きく異なるという特徴があります。

こちらのコラムも人気です!