薄毛を進行させたくない人必見!やってはいけない洗髪とは?

正しい髪の洗い方と、間違った髪の洗い方について

正しい髪の洗い方のポイント!

もうこれ以上、薄毛を進行させない為には、毎日の髪の洗い方が、重要なポイントの一つです。

正しいシャンプーの仕方とは、まずシャンプーをする際には、シャンプー剤をしっかり泡立ててから頭に乗せ、指の腹でマッサージをするように、優しく地肌を洗う事です。

マッサージをするようにシャンプーをする事で、頭皮の血行が促され、毛母細胞の働きも活発にする事ができ、薄毛や抜け毛の改善に繋がります。

薄毛を進行させる、間違った髪の洗い方とは!

時間がない場合や急いでいる場合などはいきなりシャンプーを地肌につけてしまったり、短時間で洗おうとするあまり、指に力を入れ過ぎたり、爪で地肌を擦って洗ってしまったりします。

シャンプー時のこれらの行為は、髪にも地肌にも悪影響を与えてしまいます。間違った髪の洗い方を続けていると、髪も頭皮も傷んでしまい、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。具体的に間違った髪の毛の洗い方とは、以下のような洗い方のことです。

・シャンプー剤を直接頭皮に付ける

シャンプーをする際に、シャンプーをそのまま頭皮に付けてしまうとそれが地肌にとって強い刺激となります。そして、その刺激により頭皮が傷んで炎症を起こし、痒みや痛みが起こってしまう場合もあります。そのため、頭皮環境が悪くなり、薄毛や抜け毛に繋がってしまうのです。

・爪を立てて勢いよく洗う

頭皮は毛細血管が多くデリケートな部分であるため、シャンプーの際に爪を立てて洗ってしまうと、頭皮に傷が付いてしまうこともあります。頭皮が傷ついてしまうと、髪の成長を妨げることに繋がります。

・すすぎ不足

シャンプーでの洗髪後は、泡が地肌に残らないように、しっかりとすすぐようにしましょう。また、シャンプー後にコンディショナーやトリートメントをした場合も、特に、地肌はしっかりとすすぐようにしましょう。すすぎ残しがあると、毛穴に汚れが詰まってしまう原因となり、薄毛や抜け毛に繋がります。

・過度または少なすぎる洗髪回数

頭皮のべたつきが気になり、1日に2回以上髪を洗ったりしていると地肌の乾燥を招きます。洗髪は、1日1回にしましょう。しかし、逆に、髪を数日間洗わずに放置していたりすると、地肌の皮脂詰まりなどが起こります。これは当然地肌にとってよいとは言えず、薄毛や抜け毛を招いてしまうことになります。

・タオルドライの仕方

洗髪後の髪はとてもデリケートです。濡れた髪同士が擦り合わされると、髪は傷付きやすくなります。そのため、タオルでゴシゴシと乱暴に拭いてしまうと毛髪だけではなく、頭皮も傷つけることになります。
タオルドライをする際には、髪の水気をタオルで優しく押さえて、吸収させるような感じで行うようにしましょう。

・髪が濡れたままの状態で眠る

タオルドライ後、髪が濡れたままの状態で眠ってしまうことは、髪や頭皮にとって非常に良くない習慣です。髪同士が擦れて傷付くだけでなく、頭皮が冷えたり乾燥したりし、雑菌なども繁殖しかねません。この行為が、薄毛や抜け毛に繋がる可能性もあります。タオルドライ後はドライヤーを使用し、きちんと乾かしてから眠るようにしましょう。

AGAクリニックの無料カウンセリングとは?

img_dummy01

日頃から、抜け毛が多くて薄毛で悩んでいる人は、AGAクリニックでの診断を受けてみることをオススメします。AGAクリニックでは、専門医による診断を受けることで、その人にあった適切な治療を受けることができます。また、無料カウンセリングを行う際に、治療にかかる費用や、使用する薬剤や服用薬の効果、副作用などの説明を受けることができます。

AGA治療は、薄毛や抜け毛が気になり出したら、早期に治療を受けることがポイントです。早期発見、早期治療が抜け毛や薄毛の改善や、育毛や発毛に繋がるからです。

こちらのコラムも人気です!