AGAのパターンと、事前の対策方法を理解しよう!

AGAには、典型的なパターンがある

一言でAGAと言っても、ハゲ方には典型的パターンが存在しています。

円形脱毛症のような、ストレスによる一時的な脱毛はAGAではないので、勘違いしないようにしましょう。

AGA特有のハゲ方というのは、次のようなものが存在しています。

あなたは一体どのパターンでしょうか?セルフチェックしてみてください。

額の両サイドから後退していく、M字ハゲ

M字ハゲは、白人に多いハゲ方として定番化しているのですが、日本人にも多いパターンです。

M字ハゲになっている人は、後に登場してくるO型やU型も同時進行している可能性があるので、注意するようにしましょう。

頭頂部がカッパのようにハゲていく、O型ハゲ

頭頂部から薄毛が進行していくのが、O型ハゲの典型パターンです。これは日本人の男性に多いタイプで、私たちの日常生活の中でも、かなり多く見受けられます。

O型ハゲは、気をつけておかないと、初期段階では気づきにくいという特徴があります。

それは、日常的に自分の頭頂部をチェックしている人は、少ないからです。

ですから、気づいた時にはかなりAGAが進行しているケースも、珍しくありません。気をつけるようにしましょう。

額全体が後退していく、U型

U型はM字ハゲのように、額の両サイドが後退していくのではなく、額全体が後退していくパターンです。

O型と同時に進行していく事も少なくないので、同時に進行してしまった場合は、あっという間に薄毛が進んでいきます。

適切な対応を早めにとっておかないと、後頭部と両サイドだけに髪の毛が残ってしまう、いわゆる「波平ヘアー」になってしまう可能性がありますから、注意が必要です。

AGAの予防と対策は?

先ほど紹介したような、典型的な兆候が見られるようになったら、AGAが発症している可能性があります

もしもAGAになってしまった場合は、放置しておいても完治に導く事は難しいので、すぐに専用のクリニックで治療した方がいいでしょう。

しかし出来る事ならば、AGAにならないように、事前の対策をしておきたいものですよね。

事前に対策出来れば、治療費用や副作用もないですから、安心です。そこでAGAの予防と対策を、把握しておくようにしましょう。

生活習慣の見直しは、基本中の基本

生活習慣の見直しというのは地味な活動なので、長続きしにくいものですが、避けては通れない対策です。

最低限取り組みたい対策が、いくつかあるので、紹介してみたいと思います。

・食生活を見直しましょう

偏った食事というのは、薄毛の原因になりやすい事は、一般的にも知られていますよね。

特に、油っこい食べ物を好んで食べている人は、AGAにかかりやすいので注意が必要です。出来るだけ偏った食生活を避けて、頭皮や育毛に効果ある成分を、摂取するようにしましょう。

避けては通れない栄養素としては、亜鉛、ビタミンB群、カプサイシンなどが挙げられます。

もちろん、油っこい食べ物をどうしても食べてはいけない、というわけではありませんので、計画的に食べれば大丈夫です。

・ 禁煙しましょう

日本人はヘビースモーカーが多いですよね。タバコには、ニコチンが含まれている事が知られていますが、このニコチンが抜け毛の原因と繋がっているのです。

ニコチンは血管を収縮して、血液の流れを悪くしてしまいます頭皮の血液循環が悪くなってしまうと、髪の毛が育たなくなってしまうので、禁煙は大事な取り組みの一つです。

・睡眠時間を確保しましょう

寝ている間には、成長ホルモンが活発化されています。ですから、睡眠時間を十分に確保出来ていない人は、それだけ髪の毛のメンテナンス時間が少ない、という事です。

特に大事なのは、夜の10時から夜中の2時まで。この時間帯は特に成長ホルモンが、活発に分泌されていると言われており、美容に関する専門家の間では、常識的な時間となっています。

その為、夜ふかしを避けて質の良い睡眠を、心がけるようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!