全国にAGAクリニックは、こんなに沢山ある

北海道から沖縄まで、全国にあるAGAクリニック

AGA男性型脱毛症は病気ではない為、特に痛い辛いといった症状は無いです。

しかし、20代や30代といった若い年代から、AGAにより薄毛が広がると、悩みが大きくなる事がありました。

AGAの日本人男性は、1260万人もいると言われており、AGAで悩んでいる男性は多いです。

最近では美意識の向上から、薄毛治療を受けたいと考えている男性が、多くなりました。

昔と違って需要が増えた為、近頃では北海道から沖縄まで、全国にAGAクリニックがあります。

AGAクリニックとは、薄毛治療を専門に行うクリニックの事を言います。

育毛発毛サロンとは違い、医療機関の為に、医学的根拠のある薄毛治療を行っています。

AGAクリニックで行う薄毛治療は

内服薬や外用薬を処方

内服薬や外用薬を処方するという薄毛治療が、最も一般的です。

内服薬にはフィナステリド錠、外用薬にはミノキシジルなどがあります。

フィナステリド錠は、脱毛を予防し現状を維持する目的で、ミノキシジルは発毛を促進させる目的で処方しています。

フィナステリド錠とミノキシジルを併用すると、より効果的となります。

その代わり、併用すると副作用が出やすくなる為、医師の指示をきちんと守って続ける事が、大切です。

成長因子を注入する

AGAクリニックの中には、成長因子を頭皮に注入するという薄毛治療を、行っている場合があります

HARG療法という薄毛治療では、幹細胞から抽出した、多種類の成長因子を用いています。

多種類の成長因子により、毛母細胞が活性化し、発毛が促されます

さらに、毛穴の奥にある毛包幹細胞自ら、成長因子を分泌するようになり、毛母細胞の活性化効果が長く続く、というメリットがあります。

内服薬や外用薬よりも、効果が出やすいです。

自分の髪の毛を採取し、移植する自毛植毛

AGAは、5αリダクターゼという還元酵素と、男性ホルモンのテストステロンが結合する事で、発症します。

この還元酵素は、前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在し、側頭部や後頭部には、あまり存在していないです。その為、側頭部や後頭部の髪の毛は残る、という特徴があります。

自毛植毛では、その残った髪の毛を採取し、薄くなった前頭部や頭頂部に移植しています。

内服薬や外用薬、HARG療法では、有効成分の効果が出ないと、薄毛の改善は出来ません。

しかし自毛植毛なら、移植出来る髪の毛があれば、効果が出る出ないを気にせずに済む、というメリットがあります。

その代わりに、髪の毛を再配分している形の為、十分な量の髪の毛が残っていないと、満足するレベルまで改善出来ない事があります。

AGAクリニックの種類は

1院のみというAGAクリニック、数院あるAGAクリニック、全国展開しているAGAクリニックとあります。

このようなAGAクリニックを全て併せると、全国に沢山あります。薄毛治療は、1回の来院で全て終了ではなく、何回も通う事が必要です。

AGAクリニックが遠方にあると、通うのが大変の為、通いやすい場所にあるAGAクリニックを選びたいところです。

全国展開しているAGAクリニックなら、各都道府県から近くの院を選んで、通う事が出来ます。

駅から近い場所に院がある事が多く、比較的通いやすいです。

さらに、色々な薄毛治療を用意するAGAクリニック、自毛植毛専門のAGAクリニックに分かれます。

色々な薄毛治療を用意するAGAクリニックでは、内服薬や外用薬の処方、注入療法、自毛植毛など、多角的な薄毛治療が受けられるメリットがあります。

自毛植毛はドクターの技術力により、移植した髪の毛の定着率が変わる事がありました。

自毛植毛専門のAGAクリニックには、高い技術力を持つドクターが。在籍している事が多いです。

初めから自毛植毛を考えている場合は、此方の方がより安心です。

内服薬や外用薬の処方、注入療法、自毛植毛の順で、費用が高くなる傾向があります。

さらにAGAクリニックによって、同じ薄毛治療でも費用が変わります。

AGAクリニックのホームページには、分かり易い料金表の記載があります。全国にあるAGAクリニックから、費用を比較してみて下さい。

こちらのコラムも人気です!